GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

コーヒーショップ バンコクの思い出の話

現在のスクンビットのテーメーカフェのそばにあった出会い系コーヒーショップ

投稿日:4月 16, 2015 更新日:

0416chika

スクンビットのテーメーカフェのそばにあった出会い系コーヒーショップ

記憶が曖昧なんですが・・・20年以上前にスクンビット通りのテーメーカフェ付近の地下に出会い系コーヒーショップがあったはずなんですよね。当時、テーメーカフェは無かったような気がするんです・・・。

SPONSORED LINK

 

まだタイに行き始めたばかりの頃・・・。夜のバンコクの街で楽しいところは無いかと徘徊していたんですが・・・スクンビットのテメー付近で見つけた場所があったんです。当時の常宿はスクンビットのソイ5周辺で、ナナプラザに近くて便利なのと、途中から出来た24時間営業のスーパーがあるのも良かったんですよね。

ソイ5から歩いて行ける距離で、ソイ21のアソークまでは行かない間の地下にコーヒーショップがあったはずなんです

雰囲気的には地下にあるバーのような雰囲気だったような気がします。

2000年代に入ってからは別の場所に常宿を変えてしまったので、行かなくなっていました。で・・・テメーカフェにいくついでに探してみたんですが、それらしき場所は無いんですよね~。

そこの記憶が残っているのは・・・童顔の幼い系の女の子が大好きだったコタローはそこで、超幼い感じの子を発見!速効で交渉をして部屋に連れて帰ったんです。しかし・・・電気をつけた明るい部屋でその子とエッチをし始めて・・・ん?っと疑問が・・・。

 

この子・・・童顔じゃ無くて・・・マジの幼い子じゃない?っと・・・・。

片言のタイ語で本当の歳はいくつなんだ?と問いただすと・・・まだ14歳だと言うじゃないですか!これはイカン!と真面目なコタローが登場してしまったんですよね。もう帰りなさいと言うと・・・今帰ったらお母さんに怒られてしまう・・・と言うんですよね~。このまま部屋に居させたら・・・外道のコタローが出てきてしまうと思い・・・一緒に、コーヒーショップまで行ってお母さんと会って、子供を働かせるな!っと一喝して帰ってきたという事件があったんです。

ま・・・当時のタイはまだまだ幼児を守る法律が出来て居なかったのか、地方の置屋やマッサージパーラーでも少女売春が当たり前だったんですよね。若い頃のコタローはまだ、正義心が残っていたので、18才以下の子には手を出さないという自分ルールがありました。その子たちを救いだすことは出来ないけれど、需要のひとりにはなりたくないと思ったんですよね~。

 

現在タイでは18歳以下の子を働かせたり、連れ出したりすると法律で罰せられるので、ほぼ無くなったと思うんですが、裏ではあるのかもしれませんね。

そうそう・・・スクンビットの地下のコーヒーショップの存在・・・覚えている方が居たらコメントください♪



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村

PR

-コーヒーショップ, バンコクの思い出の話

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.