GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

バンコクに行くために

タイバーツと日本円の為替相場が気になってしょうがない・・・風俗から見る物価

投稿日:3月 4, 2015 更新日:

0304_bukka

タイに行きたくてしょうがなくなって、このブログを始めたんですが、円安・バーツ高が続いてますね~

日本円10000円を両替すると、2700バーツ程度。やはり・・・対ドルに対しての円安でこうなっているんでしょう。

DMM.comのエロゲームが無料で遊べる

 

昔に比べてタイの物価もかなり上がっているので、コタローがバンコクで遊びまくっていた1990年代~2000年代と比べて物価の感覚は2倍以上に感じます。屋台の安い食べものも昔と比べると高く感じるんですよね。

特に感じるのはホテル代の高さ。ビジネスマンが泊まるような中級のホテルがどんどん値上がりをしている感じがします。

当時は日本円で3000円程払えば十分だったと思うんですが、今は5000円から1万円くらいですよね。ホテルの数も増えているのに、値段が上がっていると言うことは、それだけ需要があるんでしょう。

当サイトからリンクを張っているagodaというホテルの予約サイトを見ていて、高くなったなぁ~と感じる毎日です。

昔は予約などしないで、飛び込みでホテルに泊まっていたんですが、今はホテルをネット予約をした方が安いんですよね

スワンナープ空港閉鎖事件について・・・の記事にも書いたんですが、ネット予約ではない時は料金が上がってしまうと言う不思議さです。

女の子のショート・ロングの価格はバーツではそれほど変わっていないのでは?と思います。為替で高くなっていますが・・・。まだまだ円安・バーツ高が続くと・・・考えると早いとこ行かないと!と思ってしまう!

 

最近ではミャンマーやラオスに行っている人も多いようですが・・・長年の風俗産業の歴史のあるバンコク・パタヤはやっぱり楽しいんですよね。だいたい・・・他の国に行くと置屋スタイルになってしまうので・・・。つまらない。

ちょっと話しはそれますが・・・日本の昭和30年代の風俗の話しをしますね。

日本(東京)にもつい最近まで横浜の黄金町があったんですが、2005年に警察の手入れがあり、今はもう無くなってしまいました。

実は管理人のコタローはタイの風俗ばかり経験してしまっていたので、日本の風俗を若い頃に経験していなかったんです。

しかし、黄金町が無くなる!と聞いて、『これは昭和の歴史が見られる最後のチャンスになってしまう』と思い、摘発直前に行って来たんです。

黄金町について最初に思ったのは、韓国の赤線の『みやり』や『オパルパル』とそっくりだったと言うこと。

ほとんどの娼婦が外国人であることに衝撃を受けました。今では日本の全国的にもこのような置屋(チョンの間)は無くなってしまったと思います。金額は2~30分で10000円程度なので、安くは無いような気がしますね。(海外と比べてしまうw)挿入するだけだし~。

日本の風俗の形態はかなり変化して、色々なサービスが行われている中で、この置屋スタイルが初歩的な売春宿だったんだと感慨深く堪能して来ました。意外と・・・この昭和30年代の日本の風俗については書籍も出ていますし、映画などでもその舞台として描かれています。

アジア各国の風俗は置屋から始まるのだと思います。

 

話しを戻して・・・バンコクの風俗

置屋スタイルの風俗は田舎に行くとありますが、バンコクではゴーゴーバー・カラオケ・マッサージパーラーの3大風俗スタイルが主流です。

金額は変わらなくても、為替で高額になってきているのは間違いありません。

はやくバンコクに行かないと・・・日本の方が安いんじゃない?と言う時代が来るかもしれませんね。



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

素人の子がエッチなことを・・・
素人動画
aya(20)

-バンコクに行くために

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.