GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

LOVERS:タイ女性との恋愛話し

ゴーゴーバーのウエイトレスNちゃん18才との小さな恋の物語:第七話『涙の訳』

投稿日:10月 23, 2015 更新日:

nchan_000

タイ女性との恋愛話の第三弾はタイへ仕事で行き始めて間もない頃の話しなので20年ほど前のことです。

まだまだタイに慣れていなかったコタローだったので遊び場所はゴーゴーバー。そのゴーゴーバーでお酒を作る仕事をしていたのがNちゃん18才

水着を着たゴーゴー嬢を連れ出すことが出来るのは知っていたんですが、ウエイトレスも連れ出せると知ったのはこの時だったんです。

そして・・・そのウエイトレスNちゃんと恋に落ちる本当の話しです。

DMM.comのエロゲームが無料で遊べる

第七話:Nちゃんの涙の訳は・・・

nchan_07

自分自信の女性の好みが決まった瞬間

hathunemiki_03

まさかコタローがタイの女の子に・・・ましてやゴーゴーバーのお酒を作るウエイトレスの女の子にこんな気持ちになるとは思ってもみなかった。

一瞬、可愛いなと思ったりすることはあっても、ここまで感情が入ってしまったのは学生の頃、プーケットの置屋の女の子と一週間ほど一緒に居た時以来だ。

彼女の寝顔を見ながら・・・コタローはやはり、幼い清純派の若い女の子が好きなんだな・・・とその時確信した。

守ってあげたくなるような子。自分の精一杯のことをしてくれようとする子。好奇心旺盛で恥ずかしがり屋・・・。

20代前半のコタローのその後の人生で好きになる子はそんなこばかりになってしまう元凶はここにあったのかもしれない。

 

二人で朝食を・・・

87150841000000026

Nちゃんはそのまま朝までベッドの中でぐっすりと眠っていた。

朝も先に起きたのはコタローだった。仕事もほとんど終えていたので、困ることは無かった。

Nちゃんが起きるまでコーヒーを飲みながら、Nちゃんの寝ている姿を見続けていた。

Nちゃんは目を覚ますと恥ずかしそうに笑顔を見せてバスルームに消えて行った。シャワーを浴びる音・・・。こんな朝も悪くないなと・・・。

普段は朝食を食べないコタローだが、せっかくなのでNちゃんと一緒に近くの高級ホテルへ行き朝食を食べた。

ビュッフェスタイルの朝食に目を輝かせながらたくさんのフルーツを食べるNちゃん。やっぱり可愛すぎる。

朝食を終え、部屋に戻るとNちゃんは一度家に帰りたいと言ってきた。『夕方にはここに戻ってきてもいい?』と聞いてきたので『もちろん』と答えた。

Nちゃんから戻ってきてもいい?と聞かれたことが嬉しかった・・・。

 

帰国まであと二日

tetsuzuki

Nちゃんが家に帰っている間に考えていたことは、あと二日ほどで≪帰国≫と言う二文字だった。一緒に居られるのは、今日と明日だけ・・・。

明日の深夜便で帰国だ。その話をNちゃんにはしていなかった。聞かれていなかったのか言わなかったのか・・・。

夕方にNちゃんが戻ってきたら話そう・・・。

まだ出逢ってから二日しか経っていないのに・・・もう離れるのがつらくなってしまっている・・・。

こんなにバンコクから帰国するのが辛くなったのは初めてだ。『帰りたくないな』と思うことはあっても、日本が一番好きなので、本気で『帰りたくないな』わけではないのだ。

一人のタイの女の子に出逢って、その子と離れたくないと思って『帰りたくない』なんて思ったのは初めてかもしれない。

今こうして彼女がここへ帰ってくるのを何時間も待っているのさえ辛いのだ。

 

Nちゃんに可愛い洋服を・・・

???????????????????????????????????????????????????????????????????

 

夕方になりNちゃんは約束通りホテルの部屋に戻ってきた。洋服を着替えて今度も可愛い服を着ていた。もしかすると、洋服を買って着替えてきたのでは?と思うような新品らしき洋服だった。

そこで、まだ時間も早かったので、買い物に行こうと誘いだした。もちろん彼女の洋服を買ってあげるためだ。

当時のバンコクはやっとデパートが出来始め、ちょっとしたおしゃれな洋服屋さんが出来始めた頃だった。

デパートに行き、ちょっと高級な洋服を買ってあげようと思ったのだが、どうも彼女の様子がおかしい。色々と見て回っても喜ぶそぶりが無い。

『洋服は欲しくない?』と聞くと・・・こんな高い洋服は要らないと言うのだ。確かに、彼女たちが何日も働いてへたをすると一カ月のお給料より高い価格だ。

じゃあ・・・マーブクロンセンターに行こう!と言うと彼女の顔に笑顔が戻った。(マーブクロンセンター付近は日本で言う原宿や渋谷のような感じかな?)

結局、マーブクロンセンターで年相応の可愛い洋服を何枚か買ってあげ、Nちゃんも大喜び。一枚数百円の洋服だ。

 

Nちゃんの瞳から・・・

0152

Nちゃんが働いているお店が始まるまでまだ時間があったので、パッポンのそばの喫茶店で時間をつぶすことにした。

そこで帰国の話しをしようと思っていた。

コーヒーを飲みながら(Nちゃんはコーラを頼んでいたw)明日の深夜便で日本に帰国する話をした・・・。

すると・・・彼女の黒目がちの瞳から大粒の涙がぽろりと落ちた・・・。えっ!?泣くの!!!

コタローはNちゃんを好きになっているから寂しい。けれどNちゃんは?どうして?困惑した。何も言えなくなった。何故泣くのかも聞けなかった。

 

今日もペイバーをしにお店へ・・・

icebottle02

お店の開店時間が近づき、Nちゃんの働くお店に行って今日の分のペイバー代を払い、今日はお酒を飲まずにNちゃんと一緒にコーラを頼んだ。

Nちゃんは居心地が悪そうだ。いつもはカウンターの中でお酒を作っているのに、そのお店でお客と一緒に席に座っているのだから当然だろう。

しかし、帰国の話しをしてからNちゃんの笑顔が見られなくなっている。

そこで・・・明日の夜の帰国までずっとそんな顔で居るの?と聞いてみた。何も答えてくれない。

コタローはNちゃんの笑顔が見たい・・・。一緒に楽しい時間を過ごしたいと伝えた。3か月後にはまたバンコクに戻ってくることも話した。

Nちゃんは一生懸命笑顔を作ってくれた・・・。

 

 

続く・・・

~全八話~

第一話『出逢い』

第二話『連れ出し』

第三話『ホテルへ』

第四話『二日目』

第五話『恋に落ちて』

第六話『二人はひとつに』

第七話『涙の訳』

第八話:『カウントダウン』

 



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

素人の子がエッチなことを・・・
素人動画
aya(20)

-LOVERS:タイ女性との恋愛話し

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.