GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

日本の風俗やエロネタ

日本の風俗の歴史をちょっと調べてみた!『赤線』『青線』ソープランド・デリヘル

投稿日:

0824

ふと思ったこと・・・『あれ?日本のソープランドって言った事がないぞ!』

ほとんど意識もしていなかったことなんですが、日本のソープランドに行ったことが無いんですよね。どうしてか?と考えてみたんですがわかりません。w

ピンサロは若い頃に行っていて、30代からはほとんどがヘルスばかりに行っていました。っということで、日本の風俗についてさくっと調べてみました。

SPONSORED LINK

 

近場にソープ街が無いからかもしれない

0824_01

コタローが住んでいる場所からソープランド街で一番近いのは・・・たぶん川崎ですかね?そもそもソープランド街がどこにあるのかも知りません。

吉原は電車で行っても一時間くらい・・・。近いと思われる川崎も30分以上はかかると思います。

調べてみたら、東京でソープ街があるのは台東区千束四丁目、同三丁目の吉原だけなんですね。神奈川県も条例で色々な風俗街が閉鎖になっているようです。

今あるソープは昭和の匂いがしますね~。

風俗街で一番近いのが渋谷なので、選択肢がヘルスになっていたんだと思います。

 

風俗街の俗称赤線・青線とは?

0824_02

『赤線』『青線』って聞いたことありますか?今の若い人はほとんど知らないかもしれませんね。と言うコタローも話しで聞いているだけで、実感の無い言葉です。

この『赤線』『青線』というのは戦後の日本の風俗街のことなんです。1958年に施行された売春防止法が作られるまで売春が行われていた場所の事を挿します。

『赤線』は公認の風俗営業店。戦前には遊郭があった場所です。東京では現在ソープ街になっている江戸時代の遊郭『吉原』が有名ですね。

『青線』は非公認の風俗店で飲食店の営業許可で営業をしていた風俗店の地域の事を指します。東京では新宿二丁目、神奈川では黄金町が有名です。

何故、『赤線』『青線』という名称なのかと言うと、警察の地図に赤枠で囲った地域を『赤線』青色で囲った地域を『青線』と言っていたのが始まりのようです。

 

『赤線』『青線』が出来た経緯

0824_03

戦後の日本では借金のかたに女性を人身売買し、無理やり風俗店で働かせると言うことが起こっていたんですよね。江戸時代に生まれた遊郭などです

自らの意思で売春を行う女性はしょうがないとしても、人身売買はやめさせないといけないという考え方をしたGHQは民主化改革の一環として、『赤線』『青線』を地域ごとに隔離したんです。

しかし、これも現代社会での倫理にそむくと言われ1958年に売春防止法が施行され、『赤線』『青線』ともに消滅したと言われています。

その跡地に出来たのが、赤線はソープランド(当時はトルコ風呂)に、青線はちょんの間になったようです。

 

ソープランドは新規出店は出来ないようです

現在の法律だと指定区域以外では営業自体も出来ませんし、指定区域内でも新規で出店は出来ないようなんですよね。

全国の指定区域もどんどん減っているようで、東京近郊にソープ街はほとんど無いのが現状です。

青線からちょんの間になった地域も条例で廃止になっているところも多いようですね。

 

現在の日本の風俗の主流はデリヘル?

0824_04

一時期は本番行為無しの店舗型のヘルスが主流だったのですが、ラブホテルなどを使ったデリヘル(ホテヘル)が主流になっているのが東京近郊の現状ですね。

コタローの住んでいる場所から近いのは渋谷や五反田なのですが、広告などを見ているとおしゃれの代名詞のようになっている恵比寿のお店なども増えているようで、どこで営業をしてもいいことになっているんですかね~?

裏社会の話しになってくるとホントわからないです・・・。

 

数年前に釣りへ行った千葉の風俗(本ヘル)

数年前に釣りをするために千葉県に遠征に行ったことがあったんですが、現地について間もなく雨が降り出してしまったんです。

数時間もかけて行ったんですが、雨の中で釣りをするのもだるいな・・・と思い、家に帰ることにしたんです。

国道を車で走っていると・・・ヘルスの文字が飛び込んできました。ネオンがついていたので、昼間だけどやってるのかな?っと思い飛びこみで入ってみたんです。

東京ではすでにほとんど無くなっていた箱ヘルです。メニューを見てみると・・・。

抜くだけ・・・女性も脱ぐ・・・フェラあり・・・そして・・・本番あり・・・となっていたんですよね~。

ちなみにフェラと本番ありの金額の差が3000円でした!正確な金額は忘れましたが、本番って3000円の違いしか無いんだ・・・とビックリしたのを覚えています。

地域が変わると風俗の形態も違うんですよね。日本各地の風俗も堪能してみたいものです。

 

最後にバンコクの風俗と日本の風俗の違い

0824_05

日本の風俗は裏へ裏へと流れて行きます。取り締まりがあるからしょうがないですよね。

しかしタイ・バンコクの風俗はオープンで、一カ所に囲い込んだりもしていないんですよね~。

外貨を獲得するための産業のひとつとしてとらえているのか、もともと性風俗に対して許容範囲が広いのか・・・。

しかし、エロい動画や雑誌などは見ないので、そこらへんの縛りはあるんですよね・・・。国によってこれだけ風俗に対しての考え方が違うということなんでしょう。

日本の風俗はデリバリーが増えてしまい、現存する風俗店を見ると昭和の匂いがぷんぷんします。

バンコクの派手で豪華な風俗店は今の時代だと世界で一番なのではないでしょうか?



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村

PR

-日本の風俗やエロネタ

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.