GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

タイ情報

バンコクの爆発事件で日本人もケガ・伊勢丹そば・昔はSOGOがあった場所『エラワン』

投稿日:

0818telo

昨夜2015年8月17日も夜のニュースを見ていたら、バンコクで爆発事故が起こったと事件直後から日本のテレビでも伝えられていました。

悲惨な事件が起きてしまったので、エロネタなしです。

発生現場はラチャプラソン交差点角のエラワン廟の目の前です。

今のところ事件に巻き込まれた日本人は一人で、負傷をしているようです。しかし死者は現在23人(初期報道からどんどん増えています)、負傷者は100人を超えているようです。

SPONSORED LINK

 

まずは『お亡くなりになった方へ冥福をお祈りいたします』

 

命の危険を感じる街になってしまったバンコク

コタローが頻繁にバンコクへ行っていた頃は命の危険を感じるような国では無かったんですが、ここ数年は爆弾テロなどが頻繁に起こっています。

事件発生が8月17日と言うことで、お盆休みでバンコクを訪れていた日本人観光客も若干少なくなっていたのではないでしょうか?しかし一人の日本人が爆発に巻き込まれ負傷したとの事。

コタローが頻繁にバンコクに行っていた頃は、スリやぼったくりなどの軽犯罪は多かったけれど、命に関わるような事件はほとんど無かったと思います。

今回の爆発の背景はまだ分かっていませんが、テロの可能性もあるとのこと。タイ南部のイスラム系の犯行だとか、タクシン派・反タクシン派の政権争い・中東のテロリストなど情報がさくそうしています。

0818telo_04

今年の2月にはバンコクのBTSサイアム駅で爆発が起きていますし、ここ10年でタイ南部のテロ事件では6000人くらいがテロの被害にあっています。

『FNNnewsCH』FNNニュース動画

現地

 

2014年のクーデターによる軍事政権が樹立してからは安定の兆しも見えていた

長年にわたり、、タクシン派・反タクシン派の政権争いでデモが起きたり、空港閉鎖などの小競り合いが続いていたバンコクですが、2014年のクーデターによる軍事政権が樹立してからは安定の兆しも見えていた。

普段バンコクに居ても危険な雰囲気がまったくないので、今回のような事件が起こるなんてあまり思わない街なんですよね。

しかし、タイは現在様々な問題を抱えているのを忘れてはいけませんね。

 

平和な国だと思ってバンコクへ行く観光客

コタローもこの20年で何度かテロ事件が起こったり、軍事クーデターが起こっているのは知っているんですが、事件直後は危険な国だと思うんですが、数カ月が経ち街中が平穏を取り戻すと危険な国であることを忘れてしまうんですよね。

今回の事件が起きた場所はきっと観光で行く日本人の大多数が通る場所。歩きではなくてもタクシーであの交差点を通ったことがあるはずです。

しかも、『エラワン』は市内の中でも仏教徒の巡礼が頻繁に行われている場所です。

0818telo_02

0818telo_01

近くにはISETANの名前を使ったデパートもあり、10年ほど前まではこのエラワンに隣接するSOGOデパートが入っていた場所です。日本人が多く生活をしたり、宿泊しているスクンビット通りから街の中心部へ向かっている道なので、迂回をするにせよ加奈rず市内からは通る場所なんです。

0818telo_05

ナナプラザからは歩いても行けるほどの距離で、サイアムセンターとナナプラザの中間ぐらいの場所ですね。

コタローも毎回必ず一回以上は通る場所なんです。そんな身近な場所でのテロ事件。バンコクでは被害者数の過去最高だと思います。

テロから身を守るすべはないので、せめて出国前に大使館情報を見て、危険度をチェックしてからの渡航をお勧めします。

 

観光客が減少するとの声も上がっている

連続で爆破事件が起こる可能性もあるので、これから訪タイ予定の方はよく考えてから訪タイすることをお勧めします。

海外に居る時に大きな事件が起こると、帰国が出来なくなる可能性も高いんですよね。

以前にも触れましたが、スワンナープ空港をデモ隊が占拠してしまった時にコタローはバンコクに居て、帰国予定日から一週間ほど経ってやっと日本に帰って来ることが出来ました。

ぎりぎり帰国出来たこともあり、アメリカの同時多発テロの時はテロ発生の24時間前に現地を出発していたので、帰国は出来ましたが、友人の多くが一か月ほど帰国が出来なかったこともありました。

今回の事件がテロであれば、連続してテロが起こる可能性もあります。

コタローがここ数日でバンコク行きの予定が入っていたら、バンコク行きを諦めます。『エラワン』という観光客もタイのお参りをする市民の多くが集まる場所を狙っての事件なので、かなりリスクが高いと思います。

 

今回の爆発事件の画像

 8月17日、バンコクの中心部でオートバイに積んであった爆弾が爆発し、少なくとも12人が死亡した。写真はオートバイの残がい。現場で17日撮影(2015年 ロイター/Athit Perawongmetha)

0818telo_07

0818telo_08

0818telo_09

0818telo_10

0818telo_11

0818telo_12

0818telo_13

0818telo_14

0818telo_15

 

最後に・・・

日本に居ても海外に居ても、事故や事件にあうことは予測が不可能です。しかし今のように完全に一般人を巻き添えにする爆発を起こしたということは、観光でタイに行けばどこもかしこも標的になっておかしくないということは言えるでしょう。

事件に巻き込まれてしまう可能性が高い限りは、自分の命を大切に考えましょうね。

外務省 海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村

PR

-タイ情報

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.