GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

バンコクに行くために

バンコクでコタローがモテない理由は髭・ロンゲ・カジュアル

投稿日:

0719

コタローは20才くらいから髭をはやし続けている。若い頃は普通でも若く見られる日本人なので、海外に行った時になめられないように髭でも生やしていた。

髪の毛をロンゲにしたのは20代半ば・・・。仕事が忙しすぎて美容院に行く時間が無くなってきたからだ。

それでも、オシャレ系の仕事をしていたので、パーマをかけてごまかしていた。

だんだんとそれも面倒になり、後ろをゴムで結んでポニーテール?のような髪型になっている。

服装は基本的に襟付きのものは着ない。ほとんどがTシャツ系だ。日本の冬場はパーカーやカーディガンなどを着るが、バンコク行きの時はTシャツしか持って行かない。

ズボンはデニムのパンツがほとんど。しかもダメージジーンズがほとんどなので汚い系に見えてしまう。

この格好は間違いなくバンコクの女の子たちにはモテないんです。

 

SPONSORED LINK

 

例外もあるけれど・・・

しかしバンコクの娘たちの中にはそんな恰好をしている日本人男性に興味を持ってくれる子も増えてきているようだ。

インターネットが普及して、世界的なモテる男性の画像などを見る機会が多くなってきているからでしょう。

モテるスタイルは時代によってどんどん変わってくるのがどこの国でも一緒なんだなと思うことがある。

モテているつもりなだけかもしれないけれど、コタローに興味を持ってくれる子も居るのだ。

 

日本ではモテない奴もバンコクではモテてしまう

長年日本で彼女が出来ないと悩んでいた『いとこ』がバンコクに行ってモテモテだったらしい。

いとこなので、コタローと似ているところがたたあるのだけれど、彼はかなり色白で銀縁のメガネをかけた秀才タイプのビジュアルだ。

日本では本当にモテナイ。なのにバンコクではゴーゴー嬢からカラオケ嬢までみんながカッコイイと言っていたらしい。羨ましい限りだ。

 

別の友人も日本では、ほぼモテないのだがバンコクでは熱烈な恋愛をしていた

しかもパッポンのキングスキャッスル1のトップスリーに入る人気の姫だ。マジで?と思ったが、お金の無い友人のことを思ってか、お店を休みずっとバンコクに居る間はお金を受け取らずに遊んでいた

この子は・・・日本人好きと言うのも会ったのだと思う。コタローの仕事場のあった東京の繁華街で別の男性と一緒に歩いているところを見かけた。

その男も友人と同じようなタイプだった気がする。きっとあんな感じがドストライクなんだろう・・・。

コタローには目もくれなかった女だ・・・。

 

コタロータイプのビジュアルはやめといた方がいいだろう

コタローのような美しくは無いちょっと汚い系はバンコクではモテ無い方に入るのは間違いない。

日本の中堅の映画俳優とかがもてはやされてはいるけれど、バンコクではほとんど通用しないのがコタローのタイプだ

次回の訪タイ時には・・・髭もそって、髪も短めにして、白シャツでも着て行くことになるのだろうか・・・。



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村

PR

-バンコクに行くために

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.