GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

タイ情報

バンコクの寛容さ!人種もそうだし、ニューハーフだって市民権を得られている国タイランド

投稿日:6月 5, 2015 更新日:

0605

映画『新宿スワン』の記事を書いてから動画でハードボイルド映画を見たりしてます。いまだに新宿スワンは見に行けてないんですけどね。

昨日の深夜に『馳星周』原作の映画『不夜城』を見ていて思いました。

チャイニーズマフィアが新宿歌舞伎町を牛耳ってる話しなんですが、バンコクも中華系が多いので、結構似た雰囲気があるのかも・・・と。

DMM.comのエロゲームが無料で遊べる

 

タイ在住のの中華系の人達

しかし日本と大きく違う点は中華系のタイ人がタイ・バンコクに溶け込んでいるところですね。

日本も中華街で育った中華系の日本人も多いとは思うのですが、日本は島国根性丸出しで、いまだに他民族を受け入れない土壌が根付いているような気がします。

タイは完全に受け入れているんですよね。

 

日本に住む外国人やハーフ

東京だけかもしれませんが、学校でクラスに一人や二人は欧米系やアジア系の子供が居るようです。ハーフの子も含めてですね。

テレビをつければハーフタレントがどの番組にも出ているし、雑誌のモデルの多くはハーフモデルになっているのではないでしょうか?

しかし、現実を見ると外国から日本へ来ている人達を完全に日本が受け入れているかどうかは疑問です。

『不夜城』が書かれたのが1996年なので、すでに20年ほどが経っていますが、主人公のケンイチやヒロインの夏美のように台湾出身で日本国籍を持っているにも関わらずイジメに会う。

いまだに、まだまだ日本では人種による偏見が起こっているようです

 

バンコクではニューハーフも受け入れられる

バンコクは観光大国でもありますが、外国人が多く居住している国でもあるんですよね。

国際結婚をしているタイ人も多いと思います。

夜の繁華街で働く女の子にハーフの子も多いですね。

彼女たちはすっかりタイに溶け込んでいるような気がします。

きっとニューハーフが受け入れられているのもタイと言う国の寛容な心をもって受け入れることを善としているからなんでしょう。

あ・・・またエロネタ無しの記事になってしまいました・・・。コタローって結構マジメ?ってことはありませんw



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

素人の子がエッチなことを・・・
素人動画
aya(20)

-タイ情報

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.