GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

タニヤ(カラオケ)

タニアのカラオケとは?

ゴーゴーバーのメッカのパッポンと並行するようにスリウォン通りからシーロム通りに抜ける250mほどの道をタニア通りという。

この250mの道を初めて見た日本人はその光景に愕然とするはず!

なにせ、ほとんどの看板が日本語のお店の名前になっているからです。それも大小合わせて100軒じゃきかないでしょう。

日本人を対象にしたカラオケが出来るクラブのことを言います

元々は日本企業のタイに在住する駐在員向けに作られたお店が集まったのがタニアのカラオケクラブなんです。
スタイル的には日本のスナックのような感じで、高級クラブよりは落ちる感じですかね。(スクンビット方面のカラオケはお店作りが豪華な超高級店もあります)

お気に入りの女の子を選んで一緒にお酒を飲んでカラオケを歌って・・・

その後は・・・一緒にお店を出るか・・・一人寂しく帰るか・・・。ですね。
最近のタニアはだんだんと衰退を始めているのが現状で、2000年代に入ってからはスクンビット通りのアソークからトンローあたりまでの間に点在して人気の高級カラオケクラブが出店を始めているんです。

これはタイに駐在する日本人の多くがスクンビット方面に家を借りることが多く、タニアまで足を運ばなくても近場のスクンビット通りで遊ぶことが出来るからでしょう。

カラオケクラブだけでは無くコヨーテバーやMP(マッサージパーラー)もスクンビット方面に集中していることからも、だんだんんと移動しているのが現状です。
短期旅行者で情報の少ない人は一目で多くのお店が並ぶタニアの方がオススメです。

現地に知り合いや友達が居れば、行きつけのお店がスクンビット方面にあるので、きっとそちらへ行くことになるでしょう。

タニアのお店の選び方・入店方法

入り口から中の様子を見られるゴーゴーバーとは違い、なかなか入りにくいのがカラオケクラブですが、慣れてしまえばがんがんお店をパトロール出来ます。

夜のタニアを歩くと、通りに出て呼び込みをしている女性に「お兄さん遊んで行かない?」という感じで通りを抜けるまでにたくさんの声をかけられるでしょう。

衰退し始めているとは言え、かなりのお店の数があるので、どのお店に入ったらいいのか・・・悩んでしまうほどです。

そこで、客引きに誘われたら「見るだけでいい?」と日本語で言えば通じます。

お店を覗いて、女の子の質やお店の雰囲気を見てから入店するか決めるのがいいでしょう。

見るだけは・・・無料ですから~。何の問題もありません。

ここで重要なのは・・・ゴーゴーバーとは違いOFF(店外に連れだせる)子と、連れだせない子が混在していると言うこと。

お店の子全員が連れだせないお店もあるので、入店前に確認しておきましょう。

OFF出来る子と出来ない子が混在しているお店では、花をつけていたりして連れだしOK・NGがわかるようになっています。
お店に入ると、スタッフの掛け声とともにドレスを着たお店の女の子たちが入り口付近に整列してくれます!

多いお店だと数十人が一斉に自分を見てくるんですよ~!どぎまぎしてしまいますよねw

しかし・・・ここはしっかり女の子を物色して、可愛い子を探しましょう。

ニコニコ笑顔で手を振ってくる女の子や、首を縦に振ってウンウンみたいな仕草をする女の子。

あんたなんか興味ありませ~ん。という雰囲気を醸し出している子・・・。

気に入った女の子が居れば、女の子の番号をスタッフに伝えてそのお店に決めましょう。

選んだ女の子と日本のキャバクラのようにお酒を飲んで・・・会話を楽しんで・・・いちゃいちゃして・・・楽しみましょう!

 

タニアのカラオケクラブの料金

お店によって料金システムが違うので、入店前に確認しましょうね。

一番わかりやすいのは、セット料金を用意しているお店です。

入店料金・お酒飲み放題(ウイスキーなど)で1時間半・2時間など時間制限で1500バーツ・2000バーツなどのセット料金ですね。

女の子のドリンク代が別料金の場合や・連れ出す場合は連れだし料金(600~1000バーツ程)を支払うことになります。

入店料金・ボトル代金・ドリンク代は別・・・などのお店もあります。

 

タニアの客層

客層は30代から上の日本人が多いですね。観光で来ている若い日本人は少ないです。

コタローも20代の頃は数回しかカラオケクラブには行きませんでした。

しかし・・一時期は連れだしNGのお店の女の子を口説くために通いつめたこともあります。

夕方から21時くらいまでの間、タニア周辺で超かわいい女の子を連れたおじさんたちが歩いているのを見ていると・・・ゴーゴーバーより可愛い子が多いのでは?と思ってしまいます。

日本人専用のお店がほとんどなので、カタコトの日本語を話せる子が多く、ビックリするほど流暢な日本語を話す子も居るので言葉は問題ないでしょう。

それも、女の子を選ぶ時にスタッフに「日本語を話せる子は居る?」と聞くと、女の子たちに「日本語話せる人~」と声をかけてくれて手を上げてくれます。

 

タニアのお店で楽しんだ後は・・・

OFF(連れ出し)OKの子と遊んだり・・・エッチをしたりする場合はショート2000~3000バーツ・ロング(朝まで)で3000~5000バーツなど女の子によって金額が違うので、女の子に直接聞いてみましょうね。

もちろん交渉も出来ます。言い値でロング5000バーツの子に4000バーツでどうにかならない?などと交渉するのもアリですね。

しかし・・・あまりにもケチくさい人は嫌われるので、覚悟はしておきましょ~。(「キーニャオ」と言われたらケチ男の烙印を押されたこになりますよw)

仲良くなると、その金額がどんどん下がったりもします。そして・・・恋愛モードにも・・・。お店に支払う連れだし料金だけで数日間一緒に遊ぶこともできるようになることも・・・あるかもしれませんね♪

そこは・・・女の子をどれだけ惚れさせるか・・・ですよね。

投稿日:2月 17, 2015 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.