GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

2017年6月バンコク旅行

2017年6月の訪タイ・・・気候・ホテル・ゴーゴーバー・マッサージパーラー(2017年6月・20日目~その1~)

投稿日:6月 17, 2017 更新日:

いよいよ割と長期のタイ滞在を終え日本に帰国するコタローです。

19泊20日の旅程だったんですねw数えて無かったw

楽しかったこと・・・悲しかったこと・・・知らなかったこと・・・いろいろとありました。

DMM.comのエロゲームが無料で遊べる

出発前に気になっていたバンコクの気候

一番気になっていたのはバンコクの気候でした。気温は30度代前半という情報を見ていたんですが、体感気温はもっと高いはず。

そして、雨期のバンコク・・・。出発直前にバンコクで洪水状態の雨が降っているとのことでした。

実際バンコクに到着してどうだったかというと、気温はほどほどに耐えられる日もあるし、蒸し暑くて外に出ているとTシャツが汗でびしょ濡れになる日もありました。

到着直後は特に暑さに慣れていなかったので、外出先でTシャツを購入して着替えたほどでしたね~。

雨の方は・・・日本の夏の夕方の雷雨に似た感じです。と言うか・・・ゲリラ豪雨に似てるのかな?どしゃっぶりは数回だけでしたが、一時間もすればやむ感じです。

バンコク市内でも降っているところもあれば、まったく降っていない場所もあるので、局地的な雨なんです。

一応・・・折り畳みの傘を持ち歩いていたんですが、一回も使いませんでした。雨に打たれてビショビショってことも無かったです。

ちなみに・・・セブンイレブンやファミリーマートに折りたたみ傘や簡易的なレインコートも売っています。いくらかは・・・わかりませんw

 

バンコクのホテル事情

どこで遊ぶかによって泊まるホテルの場所はマチマチだと思います。

コタローは以前に仕事で泊まっていたホテルはアソークとペッブリーの交差点のそばでした。(ソイカーボーイのあるスクンビット駅から北に一駅の場所)

タクシーを使ったり、地下鉄のMRTを使って行かなくてはいけない場所にアクセスしやすかったからです。スクンビット×アソーク周辺にもたくさんホテルがありますよね。

前回2016年12月の訪タイで使ったホテル・・・スリウォン通りのタイヤのそばのホテル『THE RAYA HOTEL』。ここマジでコスパがいいです。

前回も今回もほぼ毎日行くのがタイ古式マッサージ。慣れ親しんだ店がタニヤのそばなので、場所的には最高だったんです。

一番狭いスーペリアルームで十分ですし、その上のデラックスルームは無駄に広い感じ。スイートにも泊ったのですが、広すぎで使いきれない感じですが一万円以下で泊まれます。(レートや時期によって違うかもしれません

タニヤ・・・パッポン・・・タイ古式マッサージを毎日利用するならスリウォン通り沿いがいいですね。(スラウォンと表記しているサイトもあります)

近くのホテルを見て回ったんですが、ダントツで『THE RAYA HOTEL』がおススメです

前回は問題なかったんですが、今回の旅程中は満室の日も多く、ほかのホテルに一泊だけ移動したり、ホテル内で部屋を変えたりバタバタでしたが、しっかりフロントのみんなが助けてくれました。

ちなみに・・・アフィリエイトでホテル紹介をしているブログやサイトから『AGODA』に飛んでも『THE RAYA HOTEL』は登録されていません。前回まで出ていた『エクスペディア』も登録をやめてました。現在は『ホテルズドットコム』のみで予約可能です。

『THE RAYA HOTEL』は女の子の連れ込み料金(JFジョイナーフィー)無料で、フロントに女の子のIDを預けないといけないので、手癖の悪い女の子にこっそりお金を抜かれたりすることの抑止にもなります。

IDを持っていない女の子は連れ込めないので、ペイバーする前に確認した方がいいですね。

パッポン近くでお金に糸目をつけないというのであれば『メリディアンバンコク』がいいんでしょうね。高級ホテルです。しかも女の子の連れ込み料金(JFジョイナーフィー)もかからないので、安心ですね。

 

ゴーゴーバーのインフレ事情

前回2016年12月の訪タイで、ゴーゴー嬢をお持ち帰りしていなかったので、それほど気にならなかったんですが、ペイバーが高騰していますね

バンコクの通常料金はほぼ800バーツなんですが、女の子によっては1300バーツ1800バーツと、コヨーテというカテゴリーを作って金額を上げています。

パタヤでは・・・最高2000バーツと言う子も居たので、かなりの金額になっています。

連れ出した後の女の子へのチップですが、ショートで2500バーツが基準になるのでは?ほぼ3000バーツと言ってきますが、2500バーツまで下げさせることが出来ると思います。

その分サービスも悪くなるかもしれませんが・・・w

ちなみに・・・今回もゴーゴー嬢はお持ち帰りをしていません。ゴーゴー嬢が嫌だったわけでは無く、コタロー好みの子を見つけられなかっただけです。

帰国寸前に仲良くなったキングスキャッスルの18歳のKHちゃんはお持ち帰りしても良かったんですが、生理中とのことで諦めました。

ドリンク代はソフトドリンクなら100バーツ。ビールが150バーツから200バーツくらいですかね。店によって金額が違うので、気になる人はメニューを見せてもらいましょう。

あと・・・女の子のドリンクは200バーツ程度です。150バーツのビールを頼んでも女の子が飲むときは200バーツです。

これもお店によって金額が違うので、聞いてみるのが一番です。もしくはオーダーしたあとに伝票を見て確認しておくのもいいでしょう。

パタヤのシステムで面白かったのが、オープンから一時間ほどはハッピータイムでドリンクが90バーツ!というシステムにしているお店もありました。

バンコクのゴーゴーバーは19時くらいからオープン?(たぶん・・・)パタヤは20時か20時30分にオープンするお店が多いです。

バンコクもパタヤも・・・女の子のレベルは変わらないかな。自分のオキニを見つけられるかどうかが良し悪しになりますからね。

コヨーテと言うシステムになったことで、可愛い子が開店直後からどんどんお持ち帰りされてしまうという昔の女の子の奪い合いはなくなっているのかもしれません。

かなり遅い時間でも可愛い子が踊っている姿を見ることが出来ますね♪

 

バンコクのマッサージパーラーの数が減ってる?

仕事でバンコクに来ていた頃のコタローは、ほぼラチャダーのポセイドン・コパカバーナ・ナタリーで事を済ませてきました。

去年?ナタリーが閉鎖になり、行きつけはポセイドンかポセイドンの裏にあるコパカバーナでどうにかするしかなくなりました。

ポセイドン・コパカバーナに気に入った子が居なくても、ナタリーに行けば必ず一人は好きなタイプを見つけることが出来たんですよね。

大箱のマッサージパーラーはラチャダー通りかペッブリー通りに点在しています。ラチャダーの数軒のお店もクローズしているし、ちょっと数が減っているのかな?と言う感じです。

歩いて回ることは・・・不可能?なので見て回るのもちょっとめんどくさいですよね・・・w

出来れば・・・ポセイドン・コパカバーナの2軒で気に入った子を見つけられるのが一番なんですが・・・運もあるでしょうw



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

素人の子がエッチなことを・・・
素人動画
aya(20)

-2017年6月バンコク旅行

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.