GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

2017年6月バンコク旅行 パタヤ・バービア嬢Jちゃん

思い通りにならない女に惚れると・・・パタヤのJちゃん

投稿日:6月 24, 2017 更新日:

一人の女に逢いたい・・・こんな気持ちになったのは1年以上ぶりのコタローです。

女の子と遊んだり、エッチをしたり・・・20代・30代はタイでも日本でも遊びまくっていたんですよね。

でも・・・たまにコタローが惚れてしまいどうしようもなくなる女・・・やっかいですw

DMM.comのエロゲームが無料で遊べる

コタローの恋愛の仕方

コタローはちょっとでも興味を持った女だったらほぼどんな子でも口説きます

世の中的にブサイクと言われる子でも、体重100キロの子でも口説きます。

あ・・・口説いていました・・・過去形ですw

ネット上で知り合った女の子も口説きますし、リアルで出会ったキャバ嬢や風俗嬢も口説いていました。

飲み屋やバーで逢ったばかりの子を口説いたりもしていましたね。

でもそこに恋愛感情はありませんでした。口説いてヤレれば良かったんですよね。そして惚れさせる・・・。(いつも言いますがコタローはイケメンじゃありませんw)

タイでも自分の思い通りになる子を連れ歩いていれば満足していました。それが金銭だけを求めている子でも良かったんです。

コタローに恋愛感情が無かったので、そんなことはどうでも良くて、連れて歩きたくなるような子は遊びに行って、いい女を連れてるだろう!と自慢したくなり、ブサイクだったらヤルだけでした。

 

たまに現れるコタローの心を奪う女

今のカミサンと出会ったのが23歳の時。出会ってすぐに同棲が始まり、28歳には結婚。同時に長男が生まれたんですよね。

家庭は家庭で、ほぼうまく安泰の場所になっていて、ほかの女の子と遊んでも家庭持ちだという事を話し、それでも良ければ・・・って感じでした。

しかし・・・この30年弱の間で、逢いたくてしょうがなくなる子が数人居ました。

タイではゴーゴー嬢の女の子。この子とは数か月に一回訪タイして会い、連続で連れ出しては仕事にもつきあわせたり、夜は一緒に過ごしたりしていました。

この子の事はこのブログでもほとんど書いていません。

あまりにも、たくさんのことを一緒にしていたので、まとめて書くことが出来ないほどなんですよね。

もし・・・日本で結婚をしていなかったら、この子と一緒になっていたかもしれません。もちろん日本に家庭があるということは言っていませんでした。

でも・・・この子がコタローにどんな気持ちだったかはわかりません。意外とビジネス的だったかな~って思うんですよね。

 

日本でも数人の子に惚れてたかも

今・・・思い出すのは、コタローの会社で3年ほど働いていた子ですね~。

コタローの会社には禁止行為はほとんどありませんでしたが、社内恋愛だけは禁止していました。

何故かって?そりゃ~社長のコタローはスタッフに手を出せないでしょ?wカミさんも経理として働いていましたしね。

ちょうどレディースのお店をオープンし、しばらくして販売員として入社した子です。

顔はめちゃくちゃ好み・・・。性格はそれほど明るくないけれど、笑顔が最高・・・。

コタローが出来たことは、マーケティングと称し、一日かけてデート気分で洋服屋さん巡りをしたり、海外仕入れに同行させ、何泊かの海外出張。(同じ部屋に泊まっていました)社長と言う地位を極限まで使っていましたねw

しかし、手を出すこと・・・口説き文句を言うことは自制していたんです。

彼女は・・・コタローのことをちょっと好きになっていたと思います。一線をコタローが超えれば良い仲になっていたでしょう。

社内恋愛禁止という自分縛りをしていたから余計に好きと言う気持ちが膨らんだんでしょうね。

他には・・・バーで出会った子は完全にバーテンダーに惚れていましたが、この子にも恋愛感情が出てしまいましたね~

口説こうと思ったときにはすでに、知り合った場所のバーテンダーにその子は惚れているのがわかっていました。

でも・・・どうにかならないか?と思い、どつぼにはまっていきました。普段なら・・・スルーのはずなんですけどね。

今、思い出せるのはこの二人くらいでしょうか・・・。

 

久しぶりの気持ち・・・逢いたくなってるバービア嬢のJちゃん

普段は口説き途中でも、仲良くなり始めでも、恋愛感覚はほとんどありません

タイに沈没しなかったのも、初期に出会ったゴーゴー嬢以外は、また逢いたい、逢いたくてしょうがないとはなりませんでした

ま・・・3か月に一回はタイに行っていたので、逢えるなら会うと言う感じです。

日本で出会った子はほとんどコタローの気分次第。二股・三股は当たりまえ。その中でその日に会いたいと思った子のところへ行くと言う感じでした。

恋愛感情のキュンキュンなんて・・・まったくありませんでしたね~。

しかし・・・2017年6月の訪タイでパタヤに行った時に出会ったバービア嬢のJちゃん・・・にはめっちゃ逢いたいですw

正直なところ、彼女はあまりコタローに興味を持っていないってわかってるんですよね。

中途半端に遊んでくれたり、来ないと言っていたホテルには来るけど、エッチはさせてくれない・・・。

コタローの思い通りにならなかった女の子だからでしょうか・・・。

パタヤの最終日の夜、お店に行けば会えたんですが、わざとそれを辞めました。

もしかすると・・・最終日に逢わなければ、恋心がコタローに生まれるかも・・・と思ったからです。

3日連続で逢っていたんですが、顔も好みだし、笑顔も可愛い。日本に連れて帰っても一緒に出掛けられるな・・・と思う程でした。

タイの風俗嬢の媚びる感じは全くなし。かと言ってビジネスライクでも無い・・・。

お客(コタローね)を取れるのに、やらせない・・・。

一緒に遊んでいる時はめちゃくちゃ楽しそう。昼間のラン島に行った時は不機嫌でしたがw

そんな中途半端な感じで、Jちゃんの考えている事がわからないからこそ、こんな気持ちになっているんでしょうね。

 

簡単に口説けたPちゃんは・・・

2016年12月の訪タイ時に口説いて、一緒にサメット島に旅行に行ったタイ古式マッサージ嬢のPちゃん。

惚れていたかと言われると、今考えると好きにはなっていませんでしたね

簡単に口説けたからか・・・。特別顔が可愛くなかったからか・・・。もう一回会いたいとは思っていましたが、予定より3か月も訪タイが延期になっても全然問題無かったんですよね。

20歳の素人のタイの女の子・・・という彼女のプロフィールと、コタローを好きだと言ってくれていることで、盛り上がっては居ましたが、今回の訪タイでほとんど会えなくても、まいっか・・・となってしまうくらいでした。

バービアで知り合ったJちゃんに対する今の気持ちの方が全然恋愛気分ですw

性格的には、お店に行けば笑顔で対応。お店の売り上げを伸ばすためにドリンクのおねだり多数

タイ語以外で会話をするのがめんどくさいので、コタローとの会話をママさんの通訳でしか話そうとしない。(二人きりになると話しますが、イライラしてるのがわかる)

一緒に食事に行っても取り分けをしない。ママさんがコタローの分の取り分けをしちゃうほど・・・。

買ってあげたサングラスを大事にしない・・・。ラン島に行く前日の夜に翌日の着替えとして買ってあげた服を結局着なかった・・・。

ここまで書くと・・・最悪の対応の女の子ですよね~。w

そこらへんの気の使い方はPちゃんの方が断然出来ていました。中身的にはPちゃんの方が断然出来た女です。

なのにも関わらず・・・Jちゃんに会いたい・・・と思ってしまうんですよね~。

こうやって・・・タイに沈没していまう日本人男性が量産されていくんでしょう・・・w

昨日の夜にLINEに着信があったので、折り返しをしたんですが、通話には出ず・・・。

何か用事だった?とタイ語でLINEでメッセージを送ったんですが、ちょこっと返事が返ってきて、日本語に訳すと『どんな意味?』ってなってました。

どんな意味・・・こっちが聞きたいよ!w

ってなことで・・・19歳のバービア嬢のJちゃんに振り回されているコタローなんです。

 

 

ま・・・ほかにいい子が居れば、その子に心変わりをするのでしょうが、結構アツくなっているので、変わりはきかないかもしれません

ってことで・・・再訪タイ・・・もしかすると近いかもしれませんね

バンコク無しのパタヤ行きですw



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

素人の子がエッチなことを・・・
素人動画
aya(20)

-2017年6月バンコク旅行, パタヤ・バービア嬢Jちゃん

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.