GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

ゴーゴーバー

バンコクのゴーゴーバーいろいろ比較【2018】

投稿日:

年内のタイ行きが怪しくなっているコタローです。

まぁ・・・2週間ほどなら何回か行けるんですが、せっかくなので長期で行きたいですからね。

年明けになれば、1~2か月、日本を離れても大丈夫な時期がありそうです。

DMM.comのエロゲームが無料で遊べる

色々な角度からバンコクのゴーゴーバーを比較してみよう

先日、バンコクでコタローの知っているゴーゴーバーの情報を教えてくださいというコメントを頂きました。

コメントでは語りつくせないので、一本記事を書いちゃおうと思います。

とは言っても、パッポン、ナナプラザ、ソイカーボーイ、スティサン・・・すべてのゴーゴーバーを知っているわけではありませんwww

だって・・・バンコクのゴーゴーバーって全部で100軒以上はありますよね。

わりと、色々なお店に顔を出しているとは思いますが、半年もすれば女の子も入れ替わってしまっていますし、出勤している子によってお店の楽しみ方も違ってきます。

それと、同じお店でも人によって印象が違います。友人と一緒に行っていると、どうしてここが好きなんだろう?と思ってしまうお店を友人は好きだったりします。

なので、色々な角度からコタローの知っているゴーゴーバーを比較してみようと思います。

 

バンコクの王道系のゴーゴーバー

例えば、友人が初めてバンコクに行った時にバンコクのゴーゴーバーは楽しい♪と思ってもらうために連れて行くゴーゴーバーだったらどこだろう?と考えてみました。

つまり、可愛い子がひとりも居ないとか、お店の雰囲気があまり良くないとか、はずれの要素が少ないお店です。

よっぽどのことが無い限り、楽しむことのできるお店です。

Ⅰ:バカラ(ソイカーボーイ)

2:レインボー4(ナナプラザ)

3:キングスキャッスル1(パッポン)

【理由】

3軒ともの言えるのは箱も大きく、在籍している女の子が多いところですね。100人とまでは行かないでしょうが、全員を見終わるまでに30分くらいかかってしまうかもしれません。

この3軒に行って自分好みの顔をした女の子を見つけられないことは無いでしょう。

バカラはツーフロアーに分かれているので、一階と二階を行ったり来たりしていれば、間違いなく可愛い子が見つけられます。(コタローはお持ち帰りしたことはありませんがw)

2階のダンスフロアーは床が透明で、下から見上げると・・・♪一見の価値はあります♪

レインボー4(たしか・・・4ですw)ナナプラザ二階の右の奥の方で、昔とは場所が変わってしまっているのでレインボーグループのお店です。

真下の一階にはレインボー2がありますが、お店の綺麗さと女の子の質は二階のレインボー4が上回っているでしょう。

キングスキャッスル1は2018年の5月?にリニューアルして、パッポンで過去最大級のフロアーの広さになりました。

ながらく低迷していたパッポンですが、このキングスキャッスル1の改装で、パッポンのゴーゴーバーも息を吹き返すかもしれませんね。

この3軒はあくまでも王道系のゴーゴーバーです。3軒ともに3大歓楽街の顔とも言えるお店で、それぞれ一時代を築いたバンコク好きなら誰でも知っているお店です。

 

おっぱい系ゴーゴーバー

水着や下着のような恰好でダンスフロアーで踊っている女の子じゃ満足できない!という人のためにトップレスが見られるお店です。

どのお店も全員がトップレスでおっぱいを出しているわけではありません。脱ぐ子と脱がない子に分かれています。

基本的には・・・たぶん・・・タイの法律的には禁止行為だと思うので、2階や3階のお店がおっぱい系のお店になっていますね。

1:バカラの2階(ソイカーボーイ)

2:ビルボード(ナナプラザ3階)

3:バタフライ(ナナプラザ3階)

他にもトップレスでおっぱい丸出しで女の子が踊っているお店もあるでしょうが、この3軒は間違いなくトップレスで踊っています。

正直・・・コタローはおっぱいを出しているより、見えない方が好きなのであまり興味はありませんw

でも、数百円のドリンクを飲みながら女の子のおっぱいを見られるなんて最高じゃん!って考え方もありますよね~。

もちろん入場料金なんてかかりませんしね♪他の脱がないゴーゴーバーと同じです。(店によってドリンクの金額は違います)

 

喫煙可能なゴーゴーバー

バンコクのお店は基本的に閉鎖した空間の店内での喫煙は禁じられています。喫煙がバレるとお店が罰金を払わないといけません。

しかしそこは、さすがタイランド!そんなの気にしないでタバコが吸えるお店がいっぱいあります。

愛煙家にとって、煙草が吸えるかどうかってかなり重要です。

特にコタローのようにゴーゴーバーに長居するひとにとっては、いちいち店の外に出て一服して席に戻るって・・・めんどくさいです。

1:キングスグループ全店(パッポン)

2:バカラの2階(ソイカーボーイ)ソイカーボーイはここしか喫煙できません

3:ツイスター(ナナプラザ2階)

タイのことですから急に吸えなくなったり、逆に吸えるようになったりがあるとは思いますが、2018年6月時点では喫煙可能でした。

ヘビースモーカーで無ければ、お会計をしなくても『ちょっと煙草を吸ってくる』と言って、お店の外に出ても大丈夫です。

ソイカーボーイのほとんどのお店は店の前にテラス席があるので、そこで喫煙が可能ですね。

 

レディーボーイ系ゴーゴーバー

タイと言えばレディーボーイ。日本のおかまバーとは違い?めちゃくちゃ可愛い子がいっぱい居ます♪

全員がレディーボーイのお店もありますし、女の子とレディーボーイが混在しているお店もあります。

ふた昔前なら、ほぼレディーボーイの見分けがつきましたが、最近のレディーボーイはマジでわからない子が居ますね~

ホルモン注射が良くなったのか、整形技術が上がったのか、化粧が上手になったのか・・・。女の子よりレディーボーイの方がよっぽど可愛い♪なんて思っちゃいます。

1:Cockatoo(ソイカーボーイ)看板にレディーボーイと書いてあります

2:ナナプラザ2階左奥・ナナプラザ3階右奥(店名は忘れましたw)

3:キングスコーナー1と2(パッポン)

Cockatooには行ったことが無いので割愛します。

ここ数年・・・コタローはーはマジでレディーボーイに興味津々なんですよね。

しかし、この一線を越えてしまうと、もう戻って来れないようなきがしてしまい、最後の一歩を踏み出せないでいます。

あ・・・エッチはしない・・・と言うか・・・お持ち帰りはしていないという意味です。

ナナプラザのお店やキングスコーナーに飲みに行ってしまっています。

ちなみに・・・コタローは竿アリで豊胸済みのレディーボーイに興味が湧いているんですよね~www

若いころはまったく興味が無いと言うか、気持ち悪いという感覚さえあったのに・・・年をとっていくたびにどんどん興味が湧いてきていますwwww

お店の中でしか遊んだことはありませんが、奥の方の席でレディーボーイのち●こをいじって、シコシコ・・・wwww

レディーボーイの子の気持ちよくなった表情を見ているだけで興奮しますwwww

パッポンのキングスコーナーはメイン通りのキングスコーナー1は竿無しの子と女の子が混ざっています。(可愛い子がレディーボーイですw)

ピンクパンサー側のキングスコーナー2は竿アリの子のみです。

ハーフ系のレディーボーイや小柄で可愛い系の子も居たりして・・・かなり楽しめますよ。

 

コタローが好きなゴーゴーバー

2018年の6月訪タイで一番回数も時間も居たのはキングスキャッスル2です。

これは、昔からキングスキャッスルが好きだから・・・です。(20年以上通い続けています)

たぶん・・・思い入れが無ければ行かないでしょうね~。ほどほど可愛い子も居たりしますし、昔のようにドリンク攻撃があるわけでも無いので落ち着いてまったり出来ます。

本当は、昔のキングスキャッスル1が好きだったんですが、綺麗な大箱になってしまったのでちょいちょい行く感じでした。

かと言って、ほかのお店を見ないわけではありません。しっかりパトロールはします

好みの女の子が居るお店が好きなお店になるからです♪

とは言っても、ここ数年の訪タイでゴーゴーバーでお持ち帰りはあまりしていませんね。ん?してるかも・・・w

顔より・・・年齢より・・・一緒に居て楽しい子・・・。と言うのはウソでとにかく若い子を探しています!!!!www

 

バンコクのゴーゴーバーまとめ

コメントをくださったMakiさんありがとうございました。

Makiさんはいつもパタヤのゴーゴーバーには行っているとのことです。

正直・・・ゴーゴーバーの個性や女の子の可愛さを見るとパタヤの方が上だと思います。

パタヤのゴーゴーバーはそれぞれ特徴があったり、大箱もありますし、踊っている女の子が近距離のお店もたくさんありますよね。

お客さんの遊び方もリゾート地だけあって派手に遊んでいる気もします。

しかし、コタローのイメージではパタヤのゴーゴーバーの女の子は一見さんを相手にしているので、リピートを求めていないような気がします。

バンコクのゴーゴーバーの女の子は在住のお客さんも相手にしているので、リピーターを意識しているのでは?

パタヤはあまりよくわかっていませんが、昔のバンコクの全盛期に近いような気がします。

ドリンクを飲ますか飲まさないかで遊んでみたり、お持ち帰りをするかしないか一時間くらい遊んでみたり・・・。

パタヤでは、2杯目のドリンクを渋っただけで、席を離れていく子が多かったように思います。

ま・・・今回書いたバカラやレインボーも似たようなものですが・・・・汗

意外とこじんまりした、落ち着いて飲めるようなゴーゴーバーが一番はまってしまったりしますね。

ゴーゴーバーでの楽しみ方は人それぞれだと思いますし、お金の使い方も違うと思います。

色々なお店を覗いてみて、自分に合ったお店を探すのが楽しみのひとつでもあるような気がするので、みなさんもいろんなお店に顔を出してみましょう♪

 

追記:Makiさんの質問でバービア情報も教えて欲しいと書かれていたんですが、ここ数年でバンコクのバービアに行ったのはスクンビットのsoi22の『QUEENS PARK PLAZA』だけです。

正直・・・パタヤのバービアの方が規模はでかいですし、女の子の数もパタヤの方が断然多いです。

なので、あまり期待はしない方が良いと思います。

風俗全般・・・パタヤの方が上なんですかね~?

しかし・・・コタローはバンコクの方が好きなのは何故でしょう???自分でもよくわかりませんが、バンコクでもぜひ楽しんでください♪



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-ゴーゴーバー

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.