GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

バンコクの思い出の話

バンコクから帰国の時にオキニの風俗嬢と空港まで行くバカなおっさん

投稿日:

0221

訪タイしてバンコクの風俗を満喫して日本に帰る時にオキニの風俗嬢を空港まで見送りに来させるバカなおっさんが居ますよね

それ・・・コタローですw

自分では名残惜しかったり彼女が空港まで来ると言うので連れて行ってたんですよね~。

SPONSORED LINK

帰国時に風俗嬢を空港まで連れて行っていた

タイ・バンコクに仕事で行き始めた20代前半から10年ほどは誰かしらオキニの風俗嬢を作っていたので、訪タイ中すべての時間をそのオキニと過ごしていました。

ゴーゴー嬢だったり、タニヤのカラオケで見つけた子を毎日のように連れ歩き、仕事にまで一緒に行かせていたことも・・・。

本気の恋愛感情ではなかったような気もしますが、日本に居ても逢いたいな~と思う好きだと言う感情はありました。

若かりし頃のコタローは一週間程度の滞在で一緒に居るだけでは満足いくはずも無く・・・後ろ髪を引かれる思いで日本へ帰国するといった感じだったんです。

そこで帰国する時には空港までお見送りに行かせていたんです。おバカな日本人ですよね~w

 

20代後半から30代前半の頃

コタローがバンコクへ仕事で3か月に一回は訪タイしていた30才前後の頃だったと思います。その頃、タイで一番長期間連れ出していた風俗嬢の女の子は3年間ほど一緒に過ごしていたんです。

このブログではまだ、その子の話しはほとんどしていません。あまりにも長い間連れ出していたので、数十記事では足りない程のエピソードがあって、書きだしたらどうなってしまうんだろう?と思っているからです。

その子は毎回空港までお迎えに来てくれて、帰国時もお見送りに来てくれていました。

あくまでも風俗嬢とそのお客ではあるのだけれど、お互いに情のようなものが芽生え始め、完全な疑似恋愛をしていたんですよね。

 

空港に風俗嬢が見送りに来ているのを周りから見ると・・・

当時のコタローは何の迷いも無く、彼女が迎えに来て、お見送りをしてくれていることをさせていましたし、周りの目などまったく気にしていませんでした。

それほどお互いに後ろめたさも恥ずかしさも無かったんですよね。

しかし・・・20年もバンコクへ行っていると、オキニになった女の子を連れて空港へ来ている外国人を見ていると、一目で風俗嬢だろうと思う子を連れていて、男は満足、女の子は早く帰りたそう・・・。そんなカップルがたくさん居ます。

無表情の女の子とおしゃべりもせず、べたべたとくっついてい出発待ちをしている人・・・多いですよね。

長い付き合いかどうか・・・短期間でオキニになって空港まで連れて来ちゃった・・・。そんな人がたくさん居ることに気が付きます。

自分の国では絶対にやらないでしょ?wと思ってしまう光景です。

 

分かりあえているカップルを見ていると・・・

風俗嬢とお客が空港に居ても長年の付き合いなんだろうなと思うような光景も目にすることもあります。

基本的にタイの女性は面倒見がいいと思うんですよね。外国人男性の荷物を持っていたり、帰国の手続きを女性の方がやってくれている姿を見ると、そのまま結婚でもしてしまうのかな?と思うようなカップルも居ます。

そんな分かりあえているカップルを見ると、コタローが訪タイしていた最後の頃はひとりで空港に居る自分が寂しいひとりもの・・・と言う感じがしてたまりませんでした。

いろんな女の子とエッチをしたり、仲良くなったりするのもタイの遊び方としてはアリなんですが、安心できるお気に入りの女の子とずっと一緒に過ごすのも悪くないんだよな・・・と思うコタローです。



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村

PR

-バンコクの思い出の話

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.