GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

2017年6月バンコク旅行

タイ古式マッサージ嬢のPちゃんは何を考えているのか?ちょっとだけ分かったかな?・・・(2017年5月~6月・3日目)

投稿日:5月 31, 2017 更新日:

明日、明後日とちょっとした仕事をすることになりそうなコタローです。

仕事と言うか・・・仕事になりそうなモノを見つけに行くって感じです。

明日はバンコク市内ですが、明後日はバンコクからかなり離れた場所に行く予定なんですよね~。

DMM.comのエロゲームが無料で遊べる

今日もPちゃんは家に帰るとの事・・・

昼間にタイ古式マッサージ嬢のPちゃんから連絡があり、『お店に着いたんだけど来るでしょ?』と・・・。

夕方からラチャダーのマッサージパーラーに行こうかな?と思っていたんですが、Pちゃんの営業LINE(笑)に乗っかってマッサージを受けに行ってきました

今日もホテルには来ないだろうな・・・と思ってはいたんですが、案の定『行かない・・・』と・・・。

お店ではキスもしてくれるし、コタローのことは好きだと言っているんですが・・・どうなってるんだ?と言う感じです。

まぁ~日本人だろうがタイ人だろうが女の子の考えることはよくわかりませんからね

そこで・・今日は今までは深くは聞かなかったことを聞いてみました

まず・・・Pちゃんはお金を払えばホテルにお客さんと一緒に行くのか?ということ・・・。

コタローは風俗嬢に払うような感じでお金をPちゃんに払っていません。要求も一切ないので、そこも不思議に思っていたんですよね。

Pちゃんの答えは・・・昔、日本人のお客さんと一緒にホテルに行ったらお金をもらえた時期があったとのこと・・・。

何回かその日本人のホテルに行って一緒に寝るだけでお金をもらえたそうなんです。エッチはしたの?とストレートに聞くと『ちょっとだけね』と言っていました。

一晩でゴーゴーやカラオケ嬢以上の結構な金額をもらっていたようで、お金が欲しかったから・・・という理由だったようです。

確かに・・・タイに慣れている日本人ならお金でどうにかなるってことは知っていますよね~。

その人は結構なお年だったようで、エッチはそれほど出来なかったみたいですね。

この話は前にちょっと聞いていたんですが、何人ものお客さんとはではなく、その一人の日本人だけだそうです。

 

Pちゃんの親せきは日本人との関係者が多い

前回の訪タイ時に書いたことですが、Pちゃんはコタローが仕事でバンコクに来ていた頃に口説いていた同じタイマッサージ店で働いていたTちゃんの従妹だったんです。過去記事:タイ古式マッサージのTちゃん19歳(全5話)

Tちゃんとは食事に行ったり、デートをしたり、お店ではキスをしたり、生おっぱいを揉んだり舐めたり・・・。オイルマッサージの途中でそんなエロエロな関係にもなっていたんですよね。

最後の処女を奪うところまでは出来ませんでしたが・・・。お父さん以外の男性とキスをしたのはコタローが初めてだったんですよね。

そのTちゃんは今、日本人の旦那さんが居て、日本で暮らしているそうです

そして、彼女の妹も日本人と結婚したそうです。二人とも良い感じの日本人と結婚できたようで、子供も生まれ幸せに暮らしているとの事・・・。

そして、Pちゃんのお姉さん・・・。子持ちの30代で、コタローも一回会ったことがあります。

お姉さんも昔、同じお店で働いていて日本人の仲の良い男性が何人か居るようです

昔はマッサージのお客さんとホテルに一緒に行ってお金をもらっていたようです。子持ちなんですが、父親はタイ人、もう別れてしまっているので今は日本人の恋人が居るんだそうです

その日本人の恋人は彼女たちの親の家を買ってあげたり、お姉さんやPちゃんの学費などの援助もしてくれているようです。

これは今日聞いた話です。そんな風には見えないおとなしそうなお姉さんなんですけどね~。

つまり・・・Pちゃんにとって日本人の男はその先にお金がちらついているのかもしれませんね。

コタローは初めから無職で少ししかお金が無いと言っていました。(本当はそこそこあるんですが、無職は本当です)

そして、息子たちとコタローの親と一緒に暮らしていると話していました。(カミさんのことは別れたことになっています)

そして・・・Pちゃんの事は好きだけど、タイにまた来れるかどうかはわからないとも言っていましたし、子供も親も居るからバンコクに住むこともPちゃんが日本で暮らすことも出来ないと言っていました。

つまり、Pちゃんのパトロンにはなれないと言っていたんですよね。

そこまで防衛をしているにも関わらず、いまだにコタローを繋ごうとしているのは何故なのか???

 

コタローは種無し・・・w

もう一つ・・・。Pちゃんとは生でエッチをしていたので、子供が出来たと言われて養育費をねだられる可能性もあるので、コタローは種無しだということになっています

二人の子供が出来たあとに病気になって3人目を作ろうとしても出来なかったということになっているんです。

良くある話で、タイ人との間に出来た子供をあなたの子供だと言って養育費を貰っている子・・・居ますよねw

日本の芸能人でもそんな話があったような・・・笑

PちゃんはコタローのLINE以外は知らないので、逃げちゃえばいいじゃんって話なんですが、そんな詐欺的なことをさせちゃいけないな・・・と防衛線をはっていたんです。w

なので・・・養育費請求も出来ませんね~。

今日、本当はタイ人の恋人が居るんじゃない?とも聞いてみました。当然『居ないよ~』と答えていましたが、そこはわかりませんよねw

今回は何故ホテルに来て泊まっていかないの?とも聞いてみました。

答えは『親やお姉さんになんで帰って来ないのか?』『お客さんと一緒にホテルに行っているんじゃない?』と言われてしまうから・・・と答えていました。

ホテルにお客さんと一緒に行くなら、お金がいっぱいあるでしょ?となるらしいのです。

日本人は彼女の家族にとって援助をしてくれる人ってことなんでしょう。コタローはお金を払っていないので、なんでお金を貰わないのか?となるのかもしれません。

旅行に一緒にKちゃんがついて来るのも、お金をもらっていないという理由づくりのようです。

Pちゃん自身がお金を要求したいわけでは無く、家族がPちゃんの仲良くなった日本人からのお金に期待をしているようです。

 

タイ人にとって家族は一番

よく聞く話で、日本の家族のつながりより、タイ人の家族のつながりは濃いもののようですよね。

家族が困っていれば、自分の生活を犠牲にしてもどうにかしてあげようとする。お金が入ってきたら、家族に分け与える・・・。

タイの仏教の教え?のソンブン?ほどこしの文化がタイの基本なんでしょう。持つものが持たないものに与えるという考え方。

そんな考え方があるので、どこかでお金になる男性と一緒に居るなら施しを願う家族が居るってことなんでしょうね。

今日、マッサージをしてもらいながらいろいろと話を聞くことが出来ました。そして、Pちゃんはいろいろ考えている・・・と言っていました。

明日、明後日の仕事になりそうなモノを探しに行くのをPちゃんに手伝ってもらうことになっています。

簡単な通訳や、コタローが聞きたいことを電話で聞いてくれたりしています。

日本人のコタローだけでは行けないようなところまで行ける手配をしてくれているんですよね。

とりあえず・・・たぶん・・・明日はお泊りをしてくれそうです。いろいろ考えて、家族との関係を維持しつつコタローと一緒に居られる時間を作ろうとしてくれているんだと思いたいところですね。

Pちゃんに愛情はあるのか?・・・お金で解決しちゃったら・・・面白くないですよね~www

21歳の女の子が・・・一生懸命考えている姿・・・愛らしいです♪

でも・・・このビジネスが成功すれば・・・ほどほどお金になって、タイにも来ることが出来るようになるので、そうなればPちゃんにも分け前が入ることになるかもしれません。

どうなることやら・・・ですね。



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

素人の子がエッチなことを・・・
素人動画
aya(20)

-2017年6月バンコク旅行

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.