GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

バンコク情報

タイ・バンコクの煙草事情・・・禁煙の場所が多い!?

投稿日:1月 31, 2017 更新日:

未成年の頃からほぼ毎日煙草を吸い続けているコタローです。

しかも一日に3~4箱を吸っているヘビースモーカーです。

一度だけ軽い煙草に変えたんですが、本数が増えただけで、意味がありませんでした。

SPONSORED LINK

7年ぶりにタイに行くのに煙草事情はどうなっているのか気になった

2016年12月にタイに行く際に気になったことのひとつがタイの喫煙場所がどうなっているかでした。

7年前にはすでにレストランなどの公共の場所で密閉された空間での喫煙は禁止されていました。

なぜだかパッポンのゴーゴーバーやタニヤ付近の日本料理屋は喫煙ができていましたね。

そのほかの歓楽街はすべて禁煙になっていました。

今回泊ったスリウォン通りのRAYAホテルを予約するときも禁煙室しか予約が出来ないようになっていたんですが、全室禁煙というわけでも無さそうなので、現地で言えばいいかな?と思っていたんですよね。

しかし、チェックインの際に喫煙に変えてほしいと頼むと、かなり嫌な顔をされ10分以上待たされてから喫煙室を用意してくれた感じです。

喫煙の部屋数が少ないのか、次回から事前に連絡をしてくれと言われてしまいました。

 

テラスの席があるレストランが増えた

レストランはオープンテラスの席であれば喫煙が可能です。それもあってか、タニヤ周辺のレストランは店の外にテラス席があって喫煙可能でしたね。

雰囲気の良い喫茶店や、レストランは完全に禁煙状態です。

12月という季節もあって、屋外のオープンテラス問題なかったんですが、暑い時期になると屋内にするかテラスにするか悩みそうです。

昔は屋内しかなかったレストランもテラス席を作っていたので、喫煙者のお客さんも取り入れたいお店もたくさんあるんでしょう。

喫煙者にとっては良い方向だと思います。

 

風俗店の喫煙事情

タニヤのカラオケ店はほとんど行かなかったんですが、行ったお店は喫煙可能でした。

お店によって禁煙・喫煙可能で別れているのかもしれません。しかし、吸えるお店もありますので、入店前に聞いてみましょう。

ゴーゴーバーはと言うと・・・。パッポンのお店は喫煙可能でした。

ナナプラザは店によって可能な店と禁煙の店に分かれていました。

一時期大人気だったレインボーグループはすべて禁煙のようです。3階の新しいお店は喫煙可能でした。

ソイカーボーイで喫煙可能だったのは、バカラの二階だけ。ほかのお店は禁煙のようです。

どこのお店にも行きたい!という人は・・・禁煙するか、煙草を我慢するという選択肢しかありませんね~。

コタローは禁煙の場所に居るだけで、ストレスが溜まってしまうので、入店しませんでした~w

 

コサメットのホテルは全室禁煙

サメット島(コサメット)へ2泊の旅行に行ったんですが、リゾート地のホテルは全室禁煙のようですね。

コタローが泊ったサイケオ・ビーチ・リゾートはバルコニーにソファーがあって、そこでの喫煙は可能でした。

それくらいなら我慢できるので、どうにかなりましたが、ほかのホテルはバルコニーがあるかどうか・・・。バルコニーで喫煙可能かどうかはわかりません。

でも・・・ホテルのレストランのオープンテラスは喫煙可能でしたね~。

 

煙草嫌いの女の子も多いよう

サメット島に一緒に行った古式マッサージ嬢のPちゃんはそれほど嫌いではなさそうでした。

しかし、カラダに良くないから煙草をやめろと何回言われたかわからないくらいしつこく言われました。

一緒に同行してくれた友達のKちゃんは、煙草が大嫌いのようで、近くで吸っているとめちゃくちゃ嫌な顔をして『タバコダメ』と言っていましたね~。

喫煙者が煙たがられるのは日本でもタイでも一緒のようです。

煙草嫌いの女の子に惚れてしまったら・・・禁煙するしかないでしょうwww



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村

PR

-バンコク情報

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.