GO-GO-BAR・マッサージパーラー・タニアのカラオケ・テーメーカフェ・コヨーテ・・・・。タイ・バンコクの風俗を紹介する風俗情報サイト

タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI

バンコクに行くために

タイの風俗・・・当たりの店ばかり行ってて楽しい?自分の目で探す風俗店

投稿日:2月 13, 2016 更新日:

0213

どこの国に行っても最低限の風俗情報しか収集しないで現地に行くコタローです。

コタローが旅行でアジア各地や欧米に旅をしていた頃は海外の風俗情報を集める手段がほとんど無かったんですよね。

風俗店をどうやって探していたかと言うと・・・

SPONSORED LINK

ハズレを引かない風俗情報

海外に行く時・・・特にタイやフィリピン・韓国・などへ行く時の目的のひとつが風俗だったとします。今はきっと風俗情報サイトを見まくって、日本人の評判の良いところを見つけてそこへ行くのだろうと思います。

当サイトが登録しているランキングサイト『にほんブログ村』のタイナイト情報を見ると、タイの風俗情報を扱ったサイトやブログが数百もあります。

あまり他の人のブログは読まないんですが、さらっとタイトルを見ただけも風俗情報が満載だろうと思われるものがたくさんあるんですよね。

『にほんブログ村』のタイナイト情報を見るだけで、ハズレの風俗店に足を運んでしまうことから回避できるはずです。

でも、これってマニュアル通りの風俗にしか行けないってことですよね。きっとここなら楽しめそう!と思ってその店に行くと、日本人のお客さんばかりが集まっていることでしょう。

正直、ハズレを引きたく無ければマニュアル通りの行動をするのが一番だとは思います。けどね~w

 

本当にそこが自分に合った風俗?

風俗情報のサイトを見ていると、やっぱりそうだよねという風俗店を紹介していたり、行きつけのお店を紹介していたり、行ったお店のレビューが書いてあったりします。

でもね、みんながみんな同じ風俗店で遊んで、同じ感想を感じ、楽しかったとなるとは思えないんですよ。

タイ語が話せない人は日本語が通じやすいこのお店。日本人好みの子が揃っているのはこのお店。

いやいや・・・タイ語が話せなくても楽しめるお店って日本語が通じるお店だけ?日本人好みってそんな簡単にくくれるの?と思ってしまいます。

本当にその紹介されているお店が自分に合っているかって、ハズレを知らなきゃ合ってるかどうかわからなくない?

賑やかな女の子がたくさん揃っているお店が好きな人も居れば、場末感のあるこじんまりしたお店が好きな人も居ると思うんですよね。女の子の好みも人それぞれなはず。

 

ハズレの風俗店を見て回る楽しさ

コタローが海外旅行を楽しんでいた30年近く前はインターネットも普及していなくて、海外の風俗情報を集める手段はほとんどありませんでした。

どうやって風俗店を探したのか・・・。現地に行って情報を集めて自分の足で風俗店を探すことをしていたんですよね。

風俗の盛んなバンコクであれば、とりあえずメインの歓楽街に行けばネオンの光に吸い込まれればとりあえずの風俗体験は出来ます。

誰でもが、ちょっと現地の人に聞けば行けるような歓楽街です。そこに行ってしらみつぶしにお店を見て回るんです。そして自分が楽しめそうなお店を探し始めます。

タイの有名な歓楽街だけでも数百軒のお店が存在しています。全部を見て回る事なんか不可能ですが、マニュアル通りに行動すれば紹介されているお店に直行で済みます。

でもね、誰かが楽しかったと言っているお店だけが楽しい訳じゃないってこと。女の子が数人しか居ないお店で和気あいあいと出来るようなお店を紹介なんてしてませんからね。

他の人が来行っても楽しくないでしょ?と思うようなお店にめちゃくちゃはまったりすることもあります。そこに行きつくまでには自分にとってのハズレのお店を何軒も回らないと見つけられないんですよね。

 

好奇心を持って街を見ていると・・・

タイ・バンコクに限らず、昼間にタクシーに乗っていて、窓から通りを眺めていると・・・。あきらかに怪しい雰囲気のお店があったりします。夜の街であればネオンの光が怪しいお店を発見することもあるでしょう。

そんなお店に飛び込む勇気があるかどうかです。そしてお店の中を見たり、店員の雰囲気を感じて、ここはヤバいお店だ(悪い意味で)と直感で感じられるかです。

ぼったくりのお店に入ってしまったら、トラブルを回避することは出来なくなりますよね。しかし・・・コタローは海外の風俗店に行って、ぼったくりにあったことはありません。

いろんなお店に飛び込みで入っているんですが、問題は起きないんですよね。お店に居るお客の姿を見ればなんとなく危険なお店かどうかの判断はつくと思います。

他に誰もお客が居ないお店にはほぼ入りません。置屋やマッサージパーラーのようなお店だと他のお客は居ないことが多いので、女の子とお店のボーイさんで判断するしか無いのですが・・・。

好奇心さえあれば、現地に行って生の情報を集めて、自分の目で楽しそうなエロい場所を探す。そんな楽しみ方もあるんですよね。

 

結局行きつくのは風俗情報サイトに載っているお店だったりもする

コタローがバンコクで遊びまくってから数年後・・・。2ちゃんねるが立ち上がりました。1999年に開設されているので、コタローが見始めたのは2000年~ということになると思います。

すでにバンコクの風俗を自力で探しまくって、遊びまくっていたコタローにとって、2ちゃんねるの危ない海外板の情報は99%網羅していました。

バンコクに限って言えば、2ちゃんねるに出てこない場所も多々ありました。何百人・・・何千人・・・何万人?もの人が集まっていたと思われる2ちゃんねるでも登場しない風俗店や場所です。

それだけ、現地で情報を集め、自分の目で見て楽しめる場所を探すことも出来るんです。

サイト運営者やブロガーの誰もがオススメしているお店に行って、それがバンコクのすべてだと思わないほうがいいかもしれませんね。

短期の旅行で、もう二度とタイへ行かないと決めているならば、ネット情報でハズレを引かないでスムーズに風俗を楽しむの手かもしれませんが、1~2週間タイで滞在できるのならば、現地で得られる情報で動いてみるのはいかがでしょうか?

ちょっとだけダマされたりするのも海外旅行の楽しみだと思いますよ。

 

と言いつつ・・・自分の好きな風俗店の話しを書いちゃうコタローですwあんまりお店の名前とか書いてないか?w情報だしてないじゃん!って突っ込み募集w



ブログランキング参加しました応援お願いします
この記事が面白かったと思って下さった方!クリックお願いします
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村

PR

-バンコクに行くために

Copyright© タイ・バンコク夜遊び風俗情報 IKI-THAI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.